憧れのマイホーム、家族が帰りたくなる我が家を作ろう

2018年9月27日 投稿者: admin

信頼出来る工務店をみつけよう

家を建てる時に最も重要なのは、どの工務店に依頼するかと言う事です。工務店により得意分が異なるため、自分がどのような注文住宅を建てたいかをしっかりと勉強して、自分にあった工務店を見つけましょう。最近は、工務店がブログを開設して工事状況を掲載している所も多いので参考にするのも良いでしょう。担当者がコロコロ変わるような工務店では、連絡ミスが起こることもあり後々重要な事態を起こす場合もあります。担当者が現場に訪れ、工事の現状を常に把握しているか、現場に任せきりになっていないかと言う事も工務店を選ぶポイントになります。気になる工務店があれば、まず話を聞きに行きましょう。そして施工後の住宅、施工中の住宅の見学会に参加することも大切です。候補の工務店がいくつかあるならば、出来るだけ全て回りましょう。だんだん違いがわかってくるはずです。

インテリアよりも重視するべき素材の魅力

フローリングは合板と言うイメージを持つ人が多いですが、一度無垢材のフローリングを採用している住宅の見学してみましょう。素足で歩いた感覚は合板では味わえないものです。無垢材は空気を含んでいて、膨張や収縮を繰り返しています。その為、冬は湿気を放出して夏は湿気を吸収し部屋を快適にしてくれます。合板は何枚もの板を圧縮していて、鉄やガラスのようにほとんど空気をふくみません。その為、冬は冷たく夏は汗や水分がそのまま残りベタベタとしてしまうのです。素材一つで、室内の快適具合は変わります。素材よりもインテリアや設備を気にする人が多いですが、目線を変えてみると本当に快適な暮らしとは何かが見えてくるかもしれません。家族が帰りたくなる我が家を目指して家づくりを進めましょう。

建売は、すでに建っている建物を購入するのに対して、注文住宅は自分の好きな間取りやデザインの家を一から作ることができます。