マンションは低層か高層か、どちらを選ぶ?

2018年8月30日 投稿者: admin

低層マンションのメリット・デメリット

低層マンションのメリットは、なんといっても戸数が少ないがゆえのゆったり感です。朝の急いでいるときにエレベーターが来なくてイライラすることもないし、ロビーでちょっとした忘れ物に気づいて家に戻る際も、気軽に行けます。世帯数が少ない分、他の住人と顔を合わせる機会も少ない点もたいへん気楽です。一方のデメリットとしては、高層階を希望してもそもそも部屋がないので選べず、日照や外からの目を気にする人には向かない点でしょう。また、共有スペースが高層マンションほどの豪華さは見込めない点もデメリットと言えます。

高層マンションのメリット・デメリット

高層マンションのメリットは何といってもそのグレード感でしょう。高層階から眺める夜景や、ロビーのラグジュアリー感は居住者を大いに満足させてくれるでしょう。また、交通の便が良く中心部に近かったり繁華街が近くにあっても騒音が室内まで届く割合が低くなるため、居住性が確保されます。一方でデメリットとして、エレベーターが混んでいる時間帯は外出がおっくうになりがちなことがあげられます。あと意外と盲点なのが、年に1度の避難訓練です。高層階の住人も階段を使って非難しなければならないマンションもあり、これがなかなか大変のようです。

それぞれ生活にあったものを選ぶ

いかがでしたでしょうか。低層マンションと高層マンションは、特徴がそのままメリットとデメリットになるということがお分かりになったと思います。それぞれ一長一短なので、自分の好みと生活にあった良い物件が見つかるといいですね。

環境もよく交通便もよく、立地条件的に子育てにもおすすめ出来る好条件の場所として、小牧のマンションは最適です