どんな感じなの!?札幌市での賃貸暮らし!

2018年8月30日 投稿者: admin

生活に不便を感じることなく住みやすい

札幌市は200万都市となって、益々発展が予想される都市です。それ故にスーパーやコンビニの数は多く病院など必要な施設も十分あります。札幌市と一口に言っても広大で、中心部はビルが立ち並んでいますが緑の多いエリアも豊富です。当然賃貸は人口密度が高いエリアほど高くなりますが、それほど賃貸料金が高騰している訳ではありません。夏は比較的涼しく、冬は厳しい寒さですがこれは人間側が対応していくしかないです。

車が無いと不自由が多い

東京などであれば車よりも電車が便利とされていますが、札幌は車の方が便利と言えます。もちろん公共交通機関は発達していますが、札幌から離れるほど移動が難しくなります。仕事や学業に支障が無くても、住む以上はプライベートも充実させないと生活の質が下がってしまいます。ストレスを溜める一方の生活は避けたいので、可能な限り車を用意したいものです。

気温を甘く見てはいけない

札幌での暮らしで道外の人がほぼ100%戸惑うのが低気温です。冬の札幌は本州の山奥かのような低気温になり、0℃以下も日常的です。経験したことのない寒さを毎日体感するので、体調を崩したりストレスが溜まるのです。また、燃料を多く使用するので燃料代も軽視できません。生活する中である程度慣れていきますが、賃貸生活をスタートした大事な時期に体調を崩しても損なので気温を甘く見ずに衣服選びなどの対策を慎重に行います。

車を運転する際も、冬はツルツルに凍結している場合も珍しくないので注意が必要です。

琴似の賃貸物件を探してみると、1LDKや2LDKなどの物件が多く、シングルや小さな子供がいるファミリー層にちょうど良い物件が多数見つかります。