こんなに便利だなんて!?注文住宅でこだわりたい家族が自然に集うキッチンデザイン

2018年8月30日 投稿者: admin

ポイントはズバリ心地良さと動線

念願の注文住宅をあれこれ考えるなか、すべての奥様が妥協したくないのがキッチンスペースでしょう。理想的な設備がズラリと揃った真新しい調理空間が実現できれば、自ずと日々の調理にも力が入って当然ですが、ここでぜひ着目いただきたいのが「心地良さ」と「動線」です。デザイン面や各機器の機能性のデータ面に意識が向き過ぎた結果、家族が食卓に着席する、あるいはできあがった料理を運びづらい動線では、残念なキッチン空間となってしまい兼ねません。こだわりが優先され過ぎた結果、まるで料理開発研究室のような設計となってしまっては、楽しい団欒タイムの場としても、十分な活躍が望めなくなってしまいます。

施工業者の担当者との十分なコミュニケーションを

注文住宅で構築するキッチンスペースは、既存の選択肢のなかからチョイスして組み合わせる、あるいは思い描いた空間を三次元化すべく、設計図を起こす段階から着手するなどさまざまです。まずは家族間で十分に話し合い、より明確なビジョンを見据えたうえで、施工業者の担当者と十分なコミュニケーションを図る作業が欠かせません。信頼できる発注先であれば、自社の経験からさまざまなアドバイスや、不可能であればその理由などをキチンと伝えてくれます。食事の時間が近づけば、自然とキッチンスペースに家族が姿をみせる、心地良さと機能性の双方を満たす、世界にひとつだけのキッチンスペースを実現いただければベストです。家族と料理の移動がスムーズな動線を確保した心地良い空間、これが見過せぬポイントです。

足立区の注文住宅なら、理想の家を建てるにあたって情報収集が豊富にできて、低価格住宅の情報が満載なところがおすすめです。